身体の変化で中年太りは更年期の症状か

今までと同じ量のご飯を食べていても体重が増える、運動量は同じなのに痩せにくくなった、お腹周りに脂肪がつきやすくなったということが起こることがあります。
このようなことが起こるのは中年と呼ばれる期間で、その期間でさらに40代後半から50代後半にかけてを更年期と呼びます。
この期間に急に太りやすくなるのを中年太りと呼び、中年太りには脂肪がお腹につきやすく、二の腕が太くなる、ヒップが大きくなるといったことが起きてきます。
このような身体の変化は、基礎代謝能力の低下や女性ホルモンが影響しています。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがありますが、このうちエストロゲンが減少することにより、代謝が悪くなり、過食気味となります。エストロゲンは脳内物質であるセロトニンに影響を及ぼすので、エストロゲンが減少したり、生理周期が定まっていなかったりすると過食を起こしてしまいます。
また、更年期障害の一つである不眠症も中年太りの一因となります。肥満の原因には睡眠が関係しており、しっかりと睡眠をとらない場合は、食欲の増加、炭水化物や甘いものを欲する、ということが起きてきます。これは食欲を抑えるインスリンの作用が低下したり、甲状腺ホルモンの分泌が減ってしまったりするためです。
この他更年期障害で起こるイライラやうつといった症状の場合も、中年太りになりやすくなります。神経性過食症と呼ばれる症状を同時に引き起こすことがあり、この症状によって摂食障害をも引き起こしてしまいます。
更年期に差し掛かった場合、肥満にならないためにも食事や運動を見直すようにします。
食事は夕食の比率を抑え、早めに食べ終わることが大切です。間食もできるだけ控えるようにすると良いでしょう。脂肪分や糖分だけでなく、塩分の摂取にも気を配ることが大切です。塩分を摂りすぎると水分を欲するようになり身体が浮腫みやすくなってしまうためです。飲酒もできるだけ控え、暴飲暴食はやめるようにします。
運動においても、若い時と同じ運動量では体重をキープすることはできません。有酸素運動を上手に取り入れ1日30分は身体を動かすようにしましょう。脂肪を燃やしやすくするためにも継続して運動を行うことが大切です。
なお、太るからと言って安易な食事制限は、ホルモンバランスをさらに乱れさせる原因となります。鉄分やビタミンB、カルシウム、大豆イソフラボン、ビタミンEといった栄養素を取り入れる様にしましょう。http://xn--t8j4aa4nmisa3a6y0ff8hb0452mn4yaqsa.com